【感想まとめ】初参加の異業種交流会

【感想まとめ】初参加の異業種交流

『BLTN PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

先日、初めて異業種交流会に参加してみました!

異業種交流会とは、

自分が仕事で携わっている業界とは別の業界で働いている人たちと

情報交換や仕事の協力をする為の集まりのことを言います。

参加してみた感想としては・・・

正直、私には合いませんでした!

(誘ってくれた方、すいません)

もちろん、人によって合う・合わないがあると思いますので、

異業種交流会がどういったものかをまとめてみました!

どこでやってるの?

ホテル

私が参加した場所は、大きなホテルの一室を貸し切っていました。グループによって場所は様々なようです。

どんな雰囲気?

圧が凄い!皆さん一人残らず声がデカイ!

初め、会場の入り口に10人程いましたが、全員スーツ姿で、なんとも怪しげな雰囲気だな、というのが第一印象。

お金はかかる?

私が行った場所では、参加費一人2,000でした。

既存のメンバーは月に数万円、年間でも数十万円かかるそうですが、

場所によって金額は違うようですので、要確認。

目的は何?

仕事の売上を上げる為や、人脈を広げる為。

私が参加したグループでは毎週定例のようなものをやっており、

紹介によって上がった売上の報告、紹介者の数などの報告をし合うことで、

参加者全員がこの集まりを有意義に活用しているようです。

どんなことをしてるの?

名詞

まず、初めての参加者は自分の名前を書いたシールを胸に貼ります。

受付けを済まし、準備が出来たら入場なのですが、

既存のメンバーはビックリするほどのテンションで参加者を歓迎します。

全員が入場し終われば、そこから名刺交換タイムが始まり、

一種のお見合いパーティのように感じました!

名刺交換が一通り終われば、それぞれが席に付き、

司会者が自己紹介を交えながらパワーポイントを使い話を進めていきます。

その間、「おぉぉ!」「よっ!」「待ってました!」などの合いの手が入るのですが、

私はその感じが苦手で逆に白けてしまいました・・・。

日によって主役が違うらしく、

事前にプレゼンテーターとして選ばれていた人は前に出てパワーポイントを使用しながら、

自社の強みや仕事内容の説明をしていました。

どんな人が来てる?

異業種交流

若い方や年配の方と幅広く、職業に関しても、サラリーマン、

トレーニングジムのオーナー、弁護士、税理士、飲食店オーナー、

鳶職、スーツ屋など業種も様々。

何かを買わされる?

いえ、そんなことはありませんでした。

ただ、一通りのイベントが終わったあと、参加者は別の部屋へ移動させられます。

そこで、このイベントについてのアンケートを書き終わった後に

既存のメンバーと話すことになるのですが、

ここで次のイベントのアポイントを取ろうとしてきます。

この時、「これはネットワークビジネスと同じ手法だな」と思い

私はこのタイミングで断りました。

まとめ

異業種交流会を通し、名刺の数は確かに増えます。

普段は出会うことの無いような人たちと話をすることにより、刺激にもなりました。

ただ、私が参加したグループではノルマがあるわけではないのですが、

新規の参加者を呼んだ人数によってランクが決まるようで、

それがどうしてもネットワークビジネスを彷彿とさせます。

もっと気楽に話すことができ、

純粋に人脈を増やすことが出来れば良かったのですが、

あれだけギラついて近づいて来られたら、

正直何か裏があるんじゃないかと疑ってしまいますし、

強制的に参加しなければいけないという空気に疲れを感じました。

「何としても稼ぎたい!」

「ギラついている雰囲気が好きで同志が欲しい」

「新しい刺激が欲しい」と思っている人は1度参加してみても面白いと思いますよ!

私は雰囲気が合いませんでしたが、

人によっては楽しいと感じる場合もあるでしょうし、

実際に紹介などで売上げが上がっている人が多かったのは確かでした。

【面白く話すコツ】お笑い芸人に学ぶトーク術
営業マンとして、とても参考になる本を読みました。タイトルは、 【お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法】です! 芸人はなぜ面白く話が出来るのか、ということを例を使って細かく解説しており、 お笑いの養成学校に入らないと教えてもらえないようなことを書いてありますので、