『GAP認証』とは?簡単・分かりやすく解説します

GAP認証とは?簡単分かりやすく解説

『BLTN PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

GAPはご存知でしょうか?

アパレルブランドではありませんよ!

東京オリンピック開催があと2年と迫り、

農場でGAPを取得しているかどうか

とても重要視されています。

GAPとは

農場

GAP(農業生産工程管理)とは、

Good Agricultural Practiceの頭文字をそれぞれ取った略語で、

農産物や食品の安全を確保し、

より良い農場経営を実現するための取り組みのことを言います。

東京オリンピックとの関係は?

2020年の東京オリンピックがいよいよ近付いてきたことにより、

日本でも世界基準での食品管理が求められています。

というのも、オリンピックの選手村や会場で提供する料理は、

GAP認証を取得していることが必須項目となっており、

現在日本でこのGAP認証を取得している農場は1%を切っているのが現状です。

日本の農場がGAP認証に出遅れると、

日本でオリンピックを開催するにも関わらず、

ほとんどの食材を輸入品に頼らなければいけなくなってしまいます

GAP取得のメリット

GAPを活用することにより、

価格やデザインなどの見える部分だけでなく、

食品安全、環境保全、労働安全、人権保護などの見えない価値

証明できるというメリットがあります。

GAPの種類

そのGAPの種類なのですが、

JGAP、ASIAGAP:運営は一般財団法人日本GAP協会

GLOBALG.A.P:運営は一般財団法人日本GAP協会FoodPLUS社(ドイツ)

の3種類があります。

世界基準のGLOBALG.A.Pと比べると、

日本で作られたJGAPは基準が甘く、認証を取るメリットは

国際的に見ると少ないように感じます。

GAP認証を取るためには?

日本の食品と聞けば安全」と思い込んでいる人がほとんどだと思います。

ただGAP基準で見ていくと、実は衛生的に安全というだけでは基準を満たしておりません

・食品安全

・家畜衛生

・環境保全

・労働安全

・アニマルウェルフェア

のそれぞれの基準に合わせて、

実施→記録→点検→評価を繰り返しつつ、

生産工程の管理や改善を行っていかなければなりません。

アニマルウェルフェアにおいて

農場

日本と世界の大きな違いは、アニマルウェルフェアについての基準にあります。

GLOBALG.A.Pでは、

豚の飼育においての必須項目として、

・去勢が生後7日以内又は麻酔ありで行われること。

・断尾は習慣的に行わず、必要な時のみ。

更に行う場合は生後48時間以内とする。

・豚の行動欲求を満たす為、ワラや木材や天然素材のロープを提供する。

・妊娠ストールやつなぎ飼育、拘束檻を使用しないこと。

などで、上記の内容は数多くある項目の中の一部分を抜粋したもので、

細かい内容が動物ごとに設定されています。

アニマルウェルフェアにおいてのGAP基準は

こちらのサイトに詳しく記載されておりますので参考にして下さい!

GLOBAL. G.A.P.で規定されているアニマルウェルフェア
GLOBAL. G.A.P.はアニマルウェルフェアを保証するものではない GLOBAL. G.A.P.(グローバルGAP)は適正農業規範であるが、一般的な認証のようななにか特定の付加価値をつけるものであったり、動物福祉を保証するものではありません。最低限の方やガイドラインを守り、適正に畜産業、農業を営んでいること、改善...

まとめ

そもそもですが、

私たち消費者がGAP認証の知識を付けなければいけないのだと思います。

どの農場や牧場がGAP認証を取得しているのか』、

この食品はGAP認証を取得した農場から出荷されたものなのか

などを意識することが、

オリンピック後の日本でも食品レベルを高く保つことに繋がるのではないでしょうか。

日本でGAP認証を取得している農場を別の記事で

改めてご紹介していこうと思います。