【マンション購入】スーモカウンターに行くと損する3つの理由

スーモカウンターに行くと損する3つの理由

『BLTN PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

今回は、不動産業界の裏話をさせてもらいます。

スーモカウンター

リクルートが運営しているスーモカウンターはご存知でしょうか?

可愛らしいスーモというキャラクターは

誰もがCMや広告を通し、1度は見たことがあると思います。

何となく、『綺麗なお姉さんが優しく対応してくれる』といったイメージで想像しますよね?

・・・正解です!

実際、ほとんどの対応スタッフが女性の方々で、優しく対応してくれます。

では、マンション探しを始めたら、

まずはスーモカウンターに行った方が良いのか

ということなのですが、結論から言います!

お得にマンションを購入したい場合は、

スーモカウンターを利用せず、直接モデルルームに行きましょう

その理由は、順を追って説明していきます!

①スーモカウンターの利益はどこから?

スーモカウンター

ちなみに、

私はリクルートという会社はとても好きなんです。

CMもセンスがありますし、なんと言ってもよく出来たビジネスモデルなんですよね。

スーモカウンター、タウンワーク、ゼクシィナビ、リクルートエージェントなど様々なサービスがありますが、どのように収益を上げているかご存知でしょうか?

分かりやすく図解にしてみました。

スーモカウンター

この場合は、エンドユーザー(お客様)が不動産会社Dと物件の契約が成立した場合です。

要は、紹介先の不動産会社からのマージンが売り上げになっており、

この図式は、ゼクシィナビやリクルートエージェントも全て同じです。

スーモカウンターが貰えるマージンの種類は、

・紹介料(物件契約の有無は関係なしで必ず発生)

・成功報酬(紹介料はなし。物件契約時にのみ発生)

この2種類で、当然、成功報酬の方が価格は高額です。

紹介先の不動産会社は、リクルートとの契約時に報酬の種類を決めることができます。

とにかくお客様を多く紹介して欲しければ、『紹介料』パターンを選びますし、

厳選されたお客様だけを紹介して欲しければ『成功報酬』パターンを選びます。

当然スーモカウンター側としては『紹介料』を多く欲しいわけですから、

お客さんに対して

『モデルルームはたくさん見た方が良い』と刷り込んできます。

もし、紹介したお客さんがどこのマンションも購入しなければ、

最終的には『成功報酬』の不動産会社を紹介していきます。

もちろん、話の流れで最初から成功報酬の不動産会社に紹介する場合もあります。

あなたがスーモカウンターの営業マンなら

もしあなたがスーモカウンターの営業マンの立場だとして、

お客さんが来場した時にどう考えますか?

「お客さんは多忙だし、1件目で契約出来るよう一つの物件に絞りこんで紹介しよう!」

もしくは、

「紹介料を多く稼ぐ為に、出来るだけ多くのモデルルームに行ってもらおう!」と思うのか。

会社や上司の立場で考えれば、間違いなく後者だということが分かりますよね!

結果、スーモカウンターのスタッフの方々は様々な物件を紹介しますし、

何カ所も見に行くようにアポイントを切ってきます。

ここで気を付けて欲しいのが、

スーモカウンターは世の中全てのマンションを紹介出来るわけではないのです!

登録をしていない不動産会社のマンションは紹介が出来ないので、

結局はスーモカウンターの紹介したい物件しか紹介してくれないのです。

②スーモカウンターのスタッフは不動産のプロではない

勘違いしてはいけないのが、

スーモカウンターにいるスタッフの方々はとても優しく教えてくれますが、

あくまで『条件の合いそうな物件を紹介する人たち』であって、

不動産のプロとは程遠いのです。

ローンの知識、税金の知識、住替えの方法、資産形成の方法、マンションの選び方など、

難しく深い話は決して出来ません。

ゼクシィナビで経験したこと

スーモカウンター

画像はイメージです

ここで少しだけ話が変わるのですが、

私は以前、自分の結婚式場を探していた時に、

ゼクシィナビ(スーモカウンターのようなサービス)で騙されたことがあります。

ゼクシィナビに初めて行った際は、

担当の方が親切に式場の選び方や種類を教えてくれました。

ただ、紹介してもらった式場へ実際に足を運んでみると、

まるでバイオハザードに出てくるようなホラー要素たっぷりの建物で、

希望の式場とは全くの真逆、そして貴重な休日の半日が潰れる結果になったのです。

結局、ゼクシィナビ側はそのバイオハザード式場からの紹介料欲しさに、

私の希望とは違う式場を紹介しました。

もちろん、その後は自分で式場を探したのは言うまでもありません。

③直接モデルルームに行った方が良い理由

モデルルーム

そもそも不動産会社からすると、出来るだけ経費をかけずに集客や契約をしたいと思っています。

かと言って、スーモカウンターに登録せず、他社に顧客を取られるのも困ります

ここからがとても重要なのですが

実は、販売しているマンションによっては、

価格や諸費用の値引き枠というものが存在します

もちろん全てのマンションというわけではありませんが、

交渉によっては価格や諸費用を値引きをしてもらえる可能性があるのです

ただ、スーモカウンターを通して来場したお客さんの場合、

契約になったとしても紹介料や成功報酬が発生してしまいます。

不動産会社からすると、

顧客に値引きして、さらにスーモカウンターに高額な紹介料を支払うことになってしまうので、スーモカウンターを通して来られたお客さんには、

基本値引きをしないことがほとんどなのです!

「失敗せず少しでも損したくない」という思いでスーモカウンターに行ったのに、

通常よりも高値で買う羽目になってしまったのであれば本末転倒ですよね。

まとめ

スーモカウンターで働いているお姉さんに会いたい、気軽に質問をしたい、などの目的があってスーモカウンターに行くのであれば良いと思います。

ただなんとなく

初心者だし、まずはスーモカウンターに行ってみよう

というノリで行ってしまうと、

不動産会社からのサービスを受けることが出来ず、損をしてしまう可能性があるのです。

実際スーモカウンターで説明出来ることは、

モデルルームにいる営業マンは全員説明が出来ます。

まずはご自身で、

『自分にとっての不動産はどんな物件が良いのか』

という条件を整理し、

その上でネットで探すと条件に合いそうな物件がいくつか見つかるはずですし、

モデルルームに直接行くほうが、時間も無駄になりませんのでオススメですよ!