すべらない話「兵動大樹 たっくん」面白い話を徹底分析

すべらない話「兵動大樹 たっくん」面白い話を徹底分析


『BLTN PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

前回の記事で、お笑いに関する記事を書きました。

【面白く話すコツ】お笑い芸人に学ぶトーク術
営業マンとして、とても参考になる本を読みました。タイトルは、 【お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法】です! 芸人はなぜ面白く話が出来るのか、ということを例を使って細かく解説しており、 お笑いの養成学校に入らないと教えてもらえないようなことを書いてありますので、

エピソードトークといえば、私がパッと思いつくのが【人志松本のすべらない話】です!

そこで、【人志松本のすべらない話】でお笑い芸人さんが話す内容がどういう構成になっているのかが気になり、分析してみようと考えました。

まずは、すべらない話でも常連の兵動大樹さんの話、

たっくん】について分析してみようと思います。

何度もVTRを見返し、出来るだけそのままの内容を文章にしております!

すべらない話

出典:amazon

たっくん

よく聞こえない箇所は、○×△で表記。

話し手の心情を青色

擬態語をピンク

比喩を黄色

【つかみ】

あの~、僕ものすごい悪い子供見たときの話なんですけど~、

まずは、つかみとしてどんな話をするのか興味を持たせる。

【起】

僕、大型の電気屋に行くのが好きで、

なんか電気屋さん入ったら1.5倍くらいテンションが上がってしまうみたいな、

出来事が起こった場所の説明。自分の気持ちを入れながら共感してもらえるような内容

【承】

んでグワァーなってて、

うろうろするの好きなんですけど、

ワァーと後輩と歩いとったら、

後ろのほうで、おっさんの声で、

「やめなさい!たっくんやめなさい!」って

声が聞こえてくるんです。

なん○×△と思ってパっと見たら、

おっさんがダイエットに効く乗馬マシンの上で

ブンブン揺れながら、

「たっくんやめなさい!」って言うてるんです!

たぶん、たっくんという子供が、

乗った瞬間にMaxにして逃げたと思うんですね。

んで、「たっくんやめなさい!」って言うて(笑)、

んで、自分で止めたらいいんですけど、

揺れに弱い人なんです。

「やめなさいたっくん!」で○×△なってるんです。

んで、たっくんらしき者は誰もいないんです。

んで店員らしき人が来て、

「あ~大丈夫ですか」言うて止めて、

「あぁああ」言うて、

そのお父さんがビャーって走って行ったら、

たっくんはマッサージチェアでガァー寝てるんですよ!

たっくんものすっごい悪いなと、

普通は自分のやったん見るやんみたいな

ほんでまあまあ、あんな子供ものすごい悪い言うて

ワーまた歩いとって10分くらい経ってから、

擬態語を入れながら、状況を説明。後輩と歩いているときに、主役のおっさんが登場。

ジェスチャーや表情で、おっさんの細かい心情などを説明。

最後のほうで、自分の気持ちを入れる。

【転】

またさっきのおっさんの声で、

「たっくん返しなさい!たっくん返しなさい!」

パッと見たら、

おっさんここ立っとるんですよ、

ほんでたっくんもここにおるんスすけど、

さっきよりもね、おっさんの肩が盛りあがってんすよ。

何かな思ってここに、

低周波治療器コーナーって書いとるんですけど、

たぶんつけて、たっくんにリモコン取り上げられて、

もののMaxにされてると思うんスけど、

もう一人の主役、たっくんが登場。話がオチに向かって展開していく。

【結】

「たっくんやめなさい!返しなさい!」

5秒に一回、「たっくん返しなさい!たっくん!」

なんかスリラーみたいにたっくんに寄っていって

「たっくんに○×△」「たっくん!たっくん!」

マイケルジャクソン並みに・・・

おっさんの動きをマイケルジャクソンのスリラーに例えながら、腕を前に伸ばしスリラーの動きをする。

5W1H1D

いつ When

家電量販店に行った時に

どこで Where

家電量販店のマッサージ機コーナーで

誰が Who

たっくんが

何を What

おっさん(お父さん)を

なぜ Why

イタズラで

どうして How

リモコンを勝手にイジって

どうした Do

おっさんが乗馬マシーンでブンブン揺れ、

低周波治療器でスリラーのようになった。

補足説明と脚色

補足説明

普通に考えると、

子供に低周波治療器のスイッチを奪われ肩が上下に動いてスリラーみたいになるなんて、

「そんなおっさんおるか!」となるんですが、

それをオチにもってくるために、

初めにおっさんが鈍くさいやつ、たっくんが普通よりも悪めのイタズラっ子ということを、一つのエピソードを交えて説明し、それなら低周波治療器の話もありえるな、と聞き手に思わせています。

脚色

  • 乗馬マシーンを自分で止めれず店員さんに止めてもらうまでブンブン揺れていた
  • 低周波治療器具で肩が盛り上がっていた
  • 低周波治療器具でスリラーのような動きになった

の3箇所です。

ただ、なぜ面白く感じるのかを考えると、

大げさ過ぎず、もしかしたら本当にそういったことがあったのかも、と

思えるくらいの脚色だからなのだと思います。

これがもし、

漫画みたいに乗馬マシーンから5mくらい吹き飛ばされた!」とかになると、

「この話ホンマなんかな・・・?」という疑問が生まれ、

素直に楽しめなくなるんだと思います。

まとめ

途中、周りの芸人さんの笑い声などで兵動さんが何を言っているかわからない箇所がありましたが、なんとなく雰囲気で伝わりました。

話している言葉を文字にすると、何だかよくわからなくなってしまうのですが、

勢いや擬態語や動きで笑わせている場面が多いということが分かりました!

5W1H1Dでまとめると意外とシンプルで、そこに肉付けしていき、あの面白いトークが出来上がっていくのですね!

面白いポイントとしては、

おっさんが「たっくん!」と叫ぶ場面の兵動さんの声の大きさやトーンと表情

乗馬マシーンや、低周波コーナーのオーバーな動き

話の内容も当然面白いですが、その話をより面白くするために、体全体を使って表現する、これが一般の人との大きな違いだと感じました。

そこまでテンションを振り切って話すことが果たして自分にできるかどうか・・・やはり、これがプロなんですね!

人志松本のすべらない話ザ・ゴールデン2 (通常盤) [DVD]