加古川食肉センター(屠殺場)の空気と臭いは独特だった

『BLTN PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

すいません。

先に言っておきますが、実は屠殺場に行ったものの施設内を見ることは出来ませんでした!

見学会が終了していることは、以前電話で問い合わせをした時から知っていたのですが、仮に中が見れないとしても、今までさんざん肉を食べてきた自分が『牛や豚が殺される場所』に行ったことがないというのは問題だと思い、実際に行ってみることにしました。

ネット上では、屠殺場見学会の内容を説明している方々が多くおられるので、屠殺場の大体のイメージはしていたのですが、車から降りた瞬間、血の臭いなのか何なのかなんとも言えない独特な臭いが辺りを漂っていました。

加古川食肉センター

加古川食肉センター

カラスがそこらじゅうで飛び回り、敷地内にも多くのカラスが歩いたり木に止まりながら、常にカァーカァーと鳴いていました。

せっかく来たので、中を見学させてもらえないか頼んでみようと思い、敷地内にある事務所に入りました。

事務所には女性の事務員さんが1人おられたので、見学出来ないか訊いてみたのですが、当然ですが一瞬で断られてしまいました。今後見学会が再開する可能性や、なぜ見学会がなくなったのかを訪ねてみたのですが、その事務員さんは答えてくれず、終始迷惑そうにしていました。

事務所を後にし、中は入れないにしても、施設の外側だけでも見て帰ろうとグルっと一周してみたのですが、屠殺場という先入観なしで見ても、空気がとても重たく、臭いとカラスの多さもあると思いますが、おそらく誰が行っても異様な場所ということが分かると思います。

加古川食肉センター

加古川食肉センター

コンビニ工場で着るような白の上下の服に白い帽子とマスクをつけている人が数人、外で歩いていました。中には女性の方もおられ、すれ違い様に会釈すると、相手の方も会釈を返してくれました。

外から見ると、敷地には慰霊碑らしきものもあり、ネット情報によると普段ここで供養をしているそうですね。

加古川食肉センター

私が行った日は牛や豚を見ることはありませんでしたが、殺される前の震える牛や豚の姿を見る勇気はなかったので、少しホッとした部分もあります。

加古川食肉センター

加古川食肉センター

こういった場所は普段行くことはないかと思いますが、あなたがお肉を食べるのであれば、一度は行くべきだと私は思います。

本当は、屠殺場の見学会も再開していただきたいと思っていますし、どのように殺されているのか産まれてから殺されるまでの間はどのような環境に置かれているのかを全員が知るべきだと思います。

ちなみに、屠殺場のすぐ横に焼肉屋があったのですが、「誰がここで食べるねん!」と1人でツッコんでしまいました。

ブログのランキングに参加しています!良かったらクリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドキュメンタリー映画『DOMINION-ドミニオン-』感想と解説(前編)
今話題のドキュメンタリー映画『DOMINION』。 正直、見たあとはトラウマになり精神的に病んでしまう可能性がある為、ホームページに心のケアをする方法が載っているほどの過激な内容となっております。