大麻が本当に有用な植物なのか調べてみた

『BLTN PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

日本人の多くが持つ大麻のイメージは、

覚せい剤と同じような麻薬の一種

だと思います。

実際、大麻取締法という法律で厳しく規制されており、大麻を所持しようものなら怒涛のごとく周囲の人々から叩かれ、警察からは逮捕されてしまいます。

検索で『大麻』と入力すると、一発目に

危険な薬物はダメ。絶対!

と、厚生労働省のページが大きく表示されます。

ただ、なぜ大麻がこれだけ厳しく取り締まりを受けているのかを知っている人はほとんどおらず、親や先生から教えてもらう機会もありません。

そこで、実際のところ大麻はどういったものなのかを調べてみたので、今回この記事で説明していきます。

今回参考にさせていただいた書籍とサイトはこちら!

・もうやめよう嘘と隠しごと 健康大麻という考え方

・アサと麻と大麻

大麻とは

麻

出典:Wikipedia

アサ科の植物で、最も古い栽培植物の1つです。

大麻と聞くと、とんでもないドラッグのようなイメージがあるかと思いますが、実はただの植物なんです。

栽培の歴史はなんと1万年にも達すると言われており、人にとってとても有用な植物の為、これだけ長期間で栽培されてきたのです!

麻の使い道

では、どのあたりが有用なのでしょうか。

繊維

日本語の麻は、繊維をとれる草の総称のことを言います。

原産地は中央アジア、カスピ海沿岸部と言われており、麻を食べた動物達の糞の中に入っていた大麻の種がきっかけで、世界中に広がっていったそうです。

神社のしめ縄や鈴縄は主に麻で出来ており、他にも、下駄の鼻緒や麻縄、凧揚げの糸、和弓の弦などにも使用されています。

ヘンプ(麻)素材の服は丈夫で着心地も良く、夏場はとても涼しい為、私自身もよく着用しています!

苧麻、リネン、黄麻、マニラ麻なども、麻素材としてよく利用されています。

以前、無印良品の靴下をオススメする記事を書かせてもらったのですが、そんな無印良品では麻素材の服をよく見かけます。

靴下の記事はこちら!

仕事用の靴下は『無印良品 直角靴下』がオススメ!
「仕事で使う靴下は消耗品、出来れば安く済ませたい!」 「でも、履き心地が悪いのは嫌だ!」 そんなあなたには、『無印良品のかかと直角靴下』をオススメします!

医療

インドがイギリスの植民地だった頃、インド人がスパイスとして使用していた大麻がイギリスへ運ばれていきました。それが、今の西洋医療大麻のキッカケになったそうです。

ヴィクトリア女王が生理痛の緩和として大麻を使用していた記録も残っているそうです。

実は日本でも、明治時代から大麻を喘息の薬、催眠効果や鎮痛効果のある薬としても使用されており、1951年までは薬局で普通に置いていたこともあるようです。

確かに、ヨモギやアロエが医療としても利用されているわけなので、大麻という植物が医療用として利用されること自体に全く違和感は感じません。

大麻に含まれるカンナビノイドという成分には、抗ガン作用があることが明らかになっており、100以上の論文がアメリカやヨーロッパから出ています。

ガン患者の話

本の中にとても印象に残った話がありましたので、紹介させていただきます。

数年前、末期ガンで余命1年と宣告された山本正光さんという方がいました。

その方は、ガンの痛みでとても苦しんでおり、痛み止めを使っても効きづらく、藁をもすがる思いでネットで色々と調べたところ、大麻がガンに効くということが分かりました。

ネットを通して大麻の種をなんとか入手し、大麻を自分で栽培することにしたそうです。

栽培に成功してからは、痛み止めとしてジョイント(大麻を紙に包んだ状態)にした大麻を常に1本は持ち歩いていたそうなのですが、たまたま警察の職務質問にあってしまい、大麻所持で逮捕されてしまったのです。

裁判上で山本さんは

大麻を使うことで痛みが消え、食欲も出た!

大麻を治療の選択肢とすることは罪ではない!

と主張しましたが、最終的には裁判の途中で判決を待たずして他界してしまいました。

検察側を追い詰めたものの、被告人の死亡による控訴棄却という形で裁判が終了してしまったのです。

大麻の医療利用の最大の特徴は、疼痛緩和、食欲増進、睡眠の質の向上、自殺願望をなくす、などがあります。

外国企業が日本で医療大麻関連の特許を取得

GWファーマシューティカルズという外国の製薬会社が、日本国内で日本国民向けに医療大麻の研究をしており、13のカンナビノイド医薬品関連特許を取得しているようです。

ただ、特許法には

「公の秩序、善良の風俗又は公衆の衛生を害するおそれがある発明については、第二十九条の規定にかかわらず、特許を受けることができない」

引用:特許法32条

と記載があります。

では、なぜ医療大麻関連の特許が取得出来ているのでしょうか。

とても不思議な事が起きています。

嗜好品

大麻

基本的には、パイプや紙に巻いた状態で燃やした煙を吸いますが、お菓子の中に入れて食べたり、ボングやヴェポライザーという器具を使って吸うこともできます。

ドラッグとは違うので、アッパー系のようなハイテンションになるわけではなく、吸うことによりどちらかと言うとマッタリとします。

「大麻を吸うとハッピーになる」とよく言われますが、まさにその通りで、全てのことに対して楽しく感じ、とてもリラックスした気持ちになります。

他にも、食べ物が美味しく感じる、音が鮮明に聴こえる、など五感が研ぎ澄まされます

アーティストが大麻を使用するのはこういった理由があるのですね!

食事

ヘンプシードと呼ばれる麻の実には、タンパク質や必須脂肪酸が含まれており、脂肪燃焼の促進や中性脂肪を減らす働きがあるようです。

調べていると、麻の実は普通に販売されており、しかも有機JASマークも取得しています!

有機JASマークと言えば以前の記事でも書かせてもらったのですが、農林水産省が発行しているマークのことで、農薬や化学肥料に頼らずに生産された農作物のみに発行されます。

要は国がオーガニックと認めた農作物ということです!

オーガニックな食品は有機JASマークで判別しよう!
オーガニックの食品と聞くと、それだけで健康になれそうな気がします。 ただ、そもそもオーガニックの食品ってどういったものを言うのでしょうか?

まとめ

調べてみると、大麻という植物はドラッグどころか、かなり有用な植物に感じます。

今回は、大麻がどういったものかを記事にしましたが、次回は『大麻がなぜ日本で禁止されているのか』をテーマに記事にしていこうと思います!

ただの植物をそこまで取り締まるには、余程の理由があるのだと思います!

大麻がなぜ禁止されているのかを書いた記事はこちらです!

なぜ大麻が法律で禁止されているのか!?大麻取締法とは一体なに?
今回は、これだけ有用な植物の大麻がなぜ法律で禁止されているのかを歴史を辿り調べてみたのですが、面白いことが色々と分かりました!

ブログのランキングに参加しています!良かったらクリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村