記憶力を上げるには?『認知特性』を理解してコツを掴もう!

『PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

実は私、記憶するという作業がとても苦手なんです・・・

なんとか記憶力を上げたいと思い、様々な本を読みました。

ただ、書いているのは

脳の海馬がどんな構造か』だとか、

記憶力を上げるには睡眠をたくさん取れば良い』だとか、

どれも似たり寄ったりのことしか書いていなくて、

そういうことを知りたいわけではない!!

と、どれを読んでも解決には繋がりませんでした。

ところが昨年最新科学で解き明かす最強の記憶術 脳を賢く使えば記憶力はグンと伸びる!!という本を読んだのですが、この本がものすごく分かりやすくかなり参考になったので、内容を記事にまとめました!

記憶するコツさえ分かれば、年齢は特に関係ありません!




最強の記憶術

Chapter1〜Chapter4まであり、Chapterごとにそれぞれ違う先生が解説していまして、研究所の所長さん、大学教授やお医者さんなど凄そうな面子が揃っています。

中でも、医学博士の本田真美先生が監修しているChapter3が私にとってはとても参考になり、記憶に対しての苦手意識がなくなったことに加え、部下に対して仕事の教え方が大幅に変わました。

この記事のタイトルにもある認知特性のことはChapter3で詳しく書いており、そのことについて説明していきます。

認知特性とは

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、外界からの情報を頭の中で理解・記憶したり、表現したりする方法を【認知特性】といい、ものの覚え方も認知特性により違いがあります。

例えると、NARUTOの忍術の属性や、HUNTER×HUNTERの念やオーラ属性のようなイメージです!

NARUTOやHUNTER×HUNTERをご存知ではない方もおられると思いますので少し補足させていただきます。

キャラクターにはそれぞれ得意な属性というものがあり、その属性に合った訓練をしないと技が身に付きにくい、という設定になっています。(水属性の人は火属性の技は覚えにくい、など)

実は、記憶力にもこれと同じことが言えます!

子供の頃に、学校の先生から

繰り返し書いて覚えなさい!

何度も音読して覚えなさい!

マーカーを引いて覚えなさい!

などと、先生によって指示がそれぞれ違ったと思います。

ただ、中には「教えてもらったやり方でやっても全然覚えることができない」と感じたことってあったんじゃないでしょうか。

実はそれは、あなたの認知特性に合わせた方法ではなかっただけなのです!

認知特性の種類

大きく分けると3つのタイプがあり、

見た情報を処理するのが得意な視覚優位者

→絵を描くのが得意。見たものを写真のように認知する。

言葉を処理するのが得意な言語優位者

→読書感想文が得意。見たものを言語に置き換えてエピソードとして認知する。

聞いた情報を処理するのが特性な視覚優位者

→音楽好き、話が得意。見たものを言語に置き換えて音にして認知する。

と、それぞれに特性があります。

認知特性

そして、さらにその3タイプをそれぞれ2つ、全部で6つに分類するできます

認知特性

これらの認知特性の中で、1つだけを使う人もいれば、6つともをバランスよく併せ持ってる人状況に応じて使い分ける人などがいるようです。

まずは自分の認知特性を知り、記憶効率を上げることが大事なんです!

たとえば、英単語を覚える場合、

「カメラタイプ」なら単語帳を見る

「辞書タイプ」なら何度も手で書いて覚える

「ラジオタイプ」なら声に出して読む

といった方法がそれぞれ向いています。

自分の認知特性を知る

Chapter3の中に、自分の認知特性を知ることが出来るページがあります。

質問の答えを4つの中から答えていき、その質問が全部で35問あります。

選ぶその答えに全て点数がついており、最後にその点数を足していくと、自分の特性が分かるようになっているという仕組みです。

認知特性

こんな感じで、チェックしていきます。

ちなみに、私は2番の3Dタイプと、6番のサウンドタイプのグラフが高かったです!

次のページからは、特性ごとの特徴と、その特性にあった覚え方の解説が細かく書いています。

例えば私の特徴の1つにある3Dタイプの覚え方としては、映像のようにエピソードとして物事を記憶することが得意なため、何かを覚えたいときは、頭の中で映像化してみたりメモに絵やイラストを添えて覚えると効果的だったりします!

興味を持っていただきましたら、ぜひご購入後にご自身で認知特性をチェックしてみて下さい!

今回の記事では、本書のchapter3のみしかご紹介をしていませんが、他のページでも、もちろん役立つ情報は盛りだくさんです!

chapter1

脳科学を使った記憶のメカニズムを解明

chapter2

記憶力を高める生活習慣の解説

chapter4

記憶力を鍛えるトレーニングを詳しく紹介

記憶力が高い人は、生まれつき高いのではなく要領よく記憶する方法を知っているのだと思います!

トレーニングでも記憶力は上がるみたいなので、認知特性を意識しながら、自分にあったトレーニング方法を心がけましょう!