基本のストレッチのみで体が柔らかくなるか1ヶ月チャレンジ!

基本のストレッチのみで体が柔らかくなるか1ヶ月チャレンジ

『BLTN PIGUMO’s  BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

子供の頃って、誰しもが体が柔らかかったはずなのに、

大人になるにつれ硬くなってきますよね。

そんな私も体がカッチカチで、子供時代の私が今の私を見たら、さぞ仰天することでしょう!

どれくらい硬いかと言うと、これくらい!

ピグモ

いたたたたっ。

マジでこれが限界です・・・笑

そこで、以前読んだ本の中で試してみたいストレッチがあるので、

それを1ヶ月かけてやっていこうと思います!

参考にさせてもらったのは、

Eikoさんという方が書いている本で

どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』です!

・・・ホンマかいな!

しかも、ちょうど都合良く4週間で出来るようになると書いてあるじゃないですか!

ただ、仕事から疲れて帰ってきて、本に書いてあるようなことを全てやるのは正直面倒臭い・・・。

そこで、基本となるストレッチのみで、1ヶ月後にどれくらい柔らかくなっているのかを検証してみようと思います!

おっさんになっても体は柔らかいに越したことはない!

遅くてもやらないよりはマシなはず!

タオルストレッチ

一つ目は、タオルストレッチというもので、これがめっちゃ効くんです!

寝転がり、タオルを足の裏に引っ掛けて、そのタオルを自分の方に引くという単純な作業なんですが、めちゃくちゃ痛いです!

タオルストレッチ

本当は足をピンと伸ばさないといけないのですが、痛くてどうしても曲がってしまいます。

1ヶ月後には真っ直ぐに足を伸ばせるようになっているのでしょうか。

片方の足を揺すりながら30秒、これを両足にそれぞれしていきます!

シコストレッチ

2つ目は、お相撲さんのシコのように腰を落とすストレッチです。

まずは足を肩幅の倍の広さに開き

両手を太ももに置きながら20秒ほど揺らします。

シコストレッチ

これも本当は床と水平になるぐらい腰を落とさないといけないのですが、痛くて難しい!

そのあとは、肩を入れた状態で再度20秒ほど揺らします

シコストレッチ

この時、手で太ももを外側に押すのがポイントのようです!

ふくらはぎは第二の心臓

ふくらはぎ

私の場合、基本的に『ふくらはぎ』が常に痛い状態なんです。

むくみまくりで、ヒドい時なんかは触るだけで痛い時もある程です!

痛いので、座れる場所があればすぐに座ってしまいます。

座ることにより足を動かさないので、おそらくそれも悪循環なんだと思います。

血液を心臓に押し上げたり、リンパ液を体中に送るポンプの役割として働くのが、どうやら『ふくらはぎ』のようなんです。

冷えも原因にはあると思いますが、ストレッチのしなさ過ぎで筋肉が固まってしまい、

どうも上手いことポンプの役割を果たせていないような気がします。

ストレッチで疲れが取れるのか

せっかくなので、

この1ヶ月チャレンジで、どれくらい足の疲れが取れるのかも併せて検証してみようと思います!

数値で表すと、今の足の疲れが『100』とします。

これが1ヶ月後にどのくらい減っているかですね。

本当は、肩や肩甲骨などもストレッチすれば全身の疲れが取れるのだとは思いますが、

今回は足の疲れにスポットを当てタオルストレッチとシコストレッチのみにしておきます。

さいごに

大人になり、普段ストレッチをする機会がなくなってしまいましたが、

もしこのタオルストレッチとシコストレッチのみだけで足が柔らかくなり、さらに疲れも取れるのであれば、なんとか続けて習慣化できそうな気がします!

一旦、中間報告を2週間後にさせていただきますので、それまでサボらないように頑張ります!

【2週間経過】ストレッチ1ヶ月チャレンジ!
前回、 【タオルストレッチ】と【シコストレッチ】のみで体は柔らかくなるのか、 という記事を書きました。

ブログのランキングに参加しています!良かったらクリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村