Dr(ドクター )ストレッチに通ってみて気付いた3つのこと

『PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

前回、Dr.ストレッチとマッサージについて比較した記事を書かせてもらったのですが、ストレッチをすることによって新たに3つのことに気付いたのです!

前回の記事はこちら↓

マッサージで2,980円出すならDr.ストレッチに行こう!
疲れない体を根本から変えていく為に、噂のDr.ストレッチに行ってきました! 結果から言うと、マッサージ屋に行くより断然効果があり、次回の予約もして来ました!




体の予想もしていない部分が痛い!

Dr.ストレッチに通わないと分からなかったことなんですが、

「ストレッチするとこんなところも痛いのか!」

と驚くことが多々あります。

たとえば、関節技のように曲げられ腕を伸ばすストレッチがあるのですが、なぜか腕ではなく大胸筋が痛くなるんです

しかも指でグッグッと押してくるので、痛みが倍増します!

一度、ご自身の大胸筋を押してみて下さい。おそらく、痛いはずです。

他にも、太ももやお尻、手首から肘にかけてなど、普段では痛くならないようなところがストレッチをすることにより痛いことに気付きます!

それだけ、長い年月をかけ筋肉が固まっているようです

ストレッチ癖がつく!

何度か通っていると、何となくですが、自分のどこの筋肉が固まってしまっているのかが分かってきます。

そうすると、家や空いた時間でそこの筋肉を伸ばしたくなるのです

駅のホームで傘を使ってゴルフの練習をしている人をよく見かけると思いますが、まさにその状態です!

周りから見ると変な動きに見えますが、やってるほうからすると至って真面目です。

小学校時代の準備体操は重要だった!

実はこれが一番大きな発見だったのですが、家でストレッチをしようと思い、体を様々なやり方で伸ばしてみると、小学校や中学校の体育の時間にしていた準備体操の動きが一番効くことが分かったのです!

ネットで見つけたのですが、国が推奨している準備体操の画像があったのでご紹介させていただきます。

準備体操

出典:健康づくりのための運動指針2006

何だか懐かしい動きじゃないです??

年を取ってからこれらの動きをしてみると、思ったよりも体が伸びず、無理に伸ばそうとするとかなり痛いのです。

私の場合、[脚]の③番や④番、[肩・腕]の①~③番が特に痛かったです

自分が学生時代に、まさかこの準備体操の動きがこんなにも大事なことだとは思ってもいませんでした。

まとめ

いかがでしょうか?

Dr.ストレッチに行くと、どこの筋肉が固まっているのかが分かるようになります。

なので、

予想していない部分が痛いことに気付く!

家や職場でもストレッチをしている自分に気付く!

学生時代の準備体操の大切さに気付く!

体の疲れが気になっているのであれば、ぜひ一度ストレッチが出来るお店に行くことをオススメします!

ブログのランキングに参加しています!良かったらクリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村