イヤホンはワイヤレスの『RHA MA750 』がオススメ!

イヤホンはワイヤレス

『BLTN PIGUMO’s BLOG』管理人のピグモ( @p_igumo)です!

私は通勤やプライベートなどの移動時は必ず音楽を聴いており、今までイヤホン、ヘッドホンなど色んなメーカーの物を試してきましたが、

今のところ、RHAの『MA750 Wireless』が一番気に入っています!

ちなみに、ワイヤレスと表記されていますが、首にかけるケーブルはついているので完全ワイヤレスではありません

しばらくの間、完全ワイヤレスのERATO『MUSE5』を利用していたのですが、

完全ワイヤレスでは足りない部分をしっかり補ってくれています!

ERATO MUSE5 ミューズ 5

『RHA MA750 Wireless』のオススメポイント

オススメのポイントをまとめてみました!

音が良い

ワイヤレスとは思えない程の音です!

静かな場所でイヤホンを装着し音楽を聴くと、普段は聞こえていない細かい音まで鮮明に聴こえます。

音が悪いイヤホンだと、たまにボーカルの音が刺さってうるさく感じる場合ありますが、

『RHA MA750 Wireless』ではそういったことは無く、どんなジャンルでも聴きやすいです!

MA650という一つ下のモデルよりも低音がしっかりとしているようですが、試聴した感じでは私の耳では違いがよく分かりませんでした。

AAC、aptX、SBCの全てに対応

コーデック(音の圧縮規格)はAAC、aptX、SBCの全てに対応しているので、

iPhone、Android問わず、高音質で遅延なく聴くことが可能です!

再生時間が長い

一度の充電で最大12時間の使用が可能です!

通勤に往復2時間かかったとしても、全く問題ありません。

さらに、充電が少なくなってきたらアナウンスで教えてくれますので、

充電のし忘れで突然電源が落ちてしまうといったことを防ぐことが可能です!

電話時の雑音が少ない

これがかなり気に入っている点で、

以前使用していた完全ワイヤレスのMUSE5では、電話で会話することは出来たのですが、相手の声が小さくしか聞こえず、さらにこちら側の周りの雑音が相手に聞こえてしまい、結局イヤホンを外して会話をすることが多々ありました。

『RHA MA750 Wireless』では、普通に会話することはもちろんですが、

相手に雑音が聞こえにくくなっているのが特徴です!

ちなみに、風がかなり強い場所で会話しても、相手にはほとんど風の音が聞こえていませんでした。

防水

防水の保護規格は『IPX4』ですので、完全防水とまではいきませんが、

雨に濡れるくらいでは壊れません

イヤホンを装着し歩いていた雨の日の出来事なのですが、

前から走ってきた車が水溜りを踏んだ勢いで大量の水が私にかかり、全身が水浸しになったことがありました。

なんと、それでもイヤホンは壊れませんでした!

動画時の音遅れがない

完全ワイヤレスのMUSE5では

YouTubeなどの動画を見る場合、

音が遅れて聞こえてくるという致命的な問題があった為、アーティストのPVや映画は見ることが出来ませんでした。

『RHA MA750 Wireless』ではそういった音の遅れというものはありませんので、

PVでも映画でも問題なく視聴が可能です!

イヤーチップが8セット

コンプライ

イヤーチップが8セットも入っていますので、耳の形に合わせて付け替えが可能です!

ちなみに、低反発ポリウレタンのコンプライが入っているのですが、

これを装着した時の低音の聴こえ方が別物に変わります!

イヤーチップ、侮るなかれ!

ケーブルにバイブレーション機能

音楽再生時に電話の着信があった場合、ネックバンドが震える機能が搭載されています。

「それって必要?」と言われると、これに関しては何とも言えません。

1万円台の価格

Amazon価格なら12,800円で購入可能です!

正直、このクオリティを1万円台で購入出来るなら、かなりコスパは良いと思います!

『RHA MA750 Wireless』のデメリット

どんなものでも、完全に満足出来るものは世の中にはなかなかありません。

『RHA MA750 Wireless』にもいくつか気になる点があるので、こちらもまとめてみました。

リモコンが使いづらい

音量の調整や、再生・ストップを操作できるリモコンがケーブルについているのですが、

これがかなり使いづらい!

ボタンの位置が分かりづらく、一発で探し当てることが出来ません。

慣れれば良いのかもしれませんが、突起を大きくするなど、もう少し何とかならなかったのか疑問です。

電源ボタンの長押しが分かりにくい

電源ボタンの長押しで電源のオン・オフを操作出来るのですが、

同じ電源ボタンの長押しでBluetoothのペアリングも開始するので、

押す時間が長いと、電源をオンにしたいのにペアリングが開始されてしまうことがあります

イヤホンを装着した状態で操作すれば音で判断出来るのですが、

装着前に電源をオンにしたい場合は操作が難しいです。

ケーブルが邪魔

やはり、ケーブルの煩わしさは完全ワイヤレスと比べると劣ります

スマホやウォークマンに直接ケーブルを刺すわけではないのですが、

ケーブルが首部分にありますし、プラプラするのが邪魔に感じる時はあります。

まとめ

デメリット部分もありますが、総合点としてはかなり高く、大満足です!

3年の保証もついていますので、万が一不具合が見つかったとしても修理が可能です。

いつか、完全ワイヤレスも『RHA MA750 Wireless』と同じ様なスペックになっていくのだと思いますが、それまではこのまま使用し続けようと思います!

ヘッドホンだと耳が痛かったり夏場は暑い、という方にもオススメですよ!

ブログのランキングに参加しています!良かったらクリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村